So-net無料ブログ作成
検索選択

57回書灯社展で頂いた感動の奥深さを思う [名リーダーを思う]

会場にて


表記展覧会が11月9日~14日までの間、東京都美術館で開催された。今回は作品を通じどんな山保さんに出会えるか?に興味津々であった私は時間をやりくりして11月9日訪れた。そこで新たな感動を頂いた。

それは山保さんの『風景との巡り合い』(東山魁夷)の一節を書した大作(無鑑査の部)の中にあった。

IMG_2854縮小.JPG

書で四季(春夏秋冬)を表現したかった、と山保さん。門外漢の私にはあまり聞いたことのない試みであり、今までに歩いた人がいない、それだけに難しい挑戦と感じた。

『風景との巡り合い』の”春、夏、秋、冬”夫々を語る文章と季節を描いた絵から春は芽吹き、夏は木々の繁りと草いきれ、秋は紅葉と枯葉と落ち葉、冬は雪と黒い木々をイメージして自分なりの季節感を書に込めたとの事。

暫く佇み書を鑑賞した私には以下の感想が湧いてきた。やがてそれは感動に変わった。

春は字の柔らかさやのびやかさと余白のゆったり感でらしい感じが出ている。
夏は勢いのある濃い字と余白を詰めてらしい感じ出ている。
秋はかすれ気味の字と余白を詰めてらしい感じが出ている。
冬はかすれた字とぼってり感のある字との組み合わせ及び広めの余白でらしい感じが出ている。

全体を通して春は上部が左上がりの余白、夏と秋は上部に余白なし、冬は左下がりの余白で四季の移ろいを表現している。

『風景との巡り合い』(東山魁夷小画集、新潮文庫)を手にして

私は山保さんのイメージした絵と文章を確かめたくて表記本を取り寄せた。そこで該文章が著者(東山魁夷)の”風景開眼”の中で人生観に目覚めた心境を語っている文脈の中にあることを知った。

それは八ヶ岳の気に入った場所、美ヶ森といわれる高原の一画の風景を年に10数回訪れ季節の巡りを興味を持って眺めていた春まだ浅い頃、雪のため頑丈な樅ノ木の枝でも折れているのに雪に埋もれ倒れたはずの細い芒が立っている。そのことを不思議に思った著者は春夏秋冬、その場に立ちその不思議に向き合った。そして冬には雪に下から徐々に埋まり遂には全部隠れてしまう。そして冬が過ぎ去るにつれ、雪は上から消えて、立った芒が姿を表す。著者はこの弱々しいものの、運命に逆らわないで耐えている姿に感動した。それは芒を四季を通して観察し風景開眼に到った歩みであり、無常観で生かされている自分、その中で精一杯生きたいと思っている自分の人生開眼を語っていた。

八ヶ岳の四季の風景が浮かび、書のイメージが鮮明になって、新たな感動が生まれた。


同時に、私は東山魁夷が風景画家として開眼したきっかけとなる光景を書き表す書、即ち芒を巡る季節の表現を通してその人生観を語る書も見たいと思った。

的外れで余計な感想かもしれない。しかしそうであっても、山保さんの進取性に敬意を表し、エールを贈りたいという思いに免じご容赦頂きたい。


審査会員昇格の知らせを受けて

毎日書道会(展)の審査会員(近代詩文の部)に昇格したと風の便りを聞き本人に確認した(12月15日)。本人は控えめに皆様のおかげですと多くを語らなかったが、インターネットで調べてみると読売書道展と日展と並び日本の三大書道展(会)の一つと扱っているものもあった。日展は別格としても書を目指す人にとっては凄い名誉な事らしい。彼女の書に対する情熱と努力を続けた姿を良く承知しているものとしてこの朗報を心から喜び、更に彼女のモットーである〝虚心に”道を究めて欲しい、と思っている。彼女の進取の精神といつも弟子や先輩に感謝している謙虚さ、に改めて敬意を表したい。

以上



nice!(0) 

モンゴル軍における道路構築に関する能力構築支援事業終了に思う [名リーダーを思う]

始めに

表記を施設学校記念日行事(H28.11.6)で承知した私はその内容を知るべく懇親会場でこのプロジェクト実行の中心人物である同校企画室山脇3佐始め関係した数人から話を聞いた。概要は以下の通り(朝雲(平成28.10.27)、及び防衛省HP)であるが、私は陸上自衛隊(官)・施設学校ならではの流儀が浸透しており、これは自衛官が平素から営々と国民の負託に応え努力をしてきた姿そのものであると感じた。そこを勝手に想像を交え書きたい。

プロジェクトの概要

防衛省・自衛隊では、平成26年度よりモンゴル軍のPKOの能力向上及び災害対応能力の向上に資するため、施設分野における能力構築支援事業を行い本年度(28年度)終了した。主要な要員の差出や教育は陸上自衛隊施設学校が担当した。

 1年目(26年度)は自衛官をモングル軍工兵部隊に派遣(6月~9月)し、、道路構築における基礎として、まず測量及び設計の基本事項の修得を目指し、座学による基礎教育と野外での測量実習を実施。次いでモンゴル国軍工兵部隊より、昨年夏の受講者から選抜された5名の研修生を招へい(27年2月~3月)した。陸上自衛隊施設学校で同校幹部土木課程の一部を受講し、道路構築における作業見積や施工計画とその管理に関する知識を身につけさせた。

2年目(27年度)は自衛官を派遣(7~9月)して昨年の測量に続き砂利道構築までの教育を実施。3週間の基礎教育として、理論等を学んだ後、実際にモンゴル軍PKOセンター正門横の道路を使用し、200mの砂利道を構築した。 凍上抑制層、下層路盤、上層路盤と積み上げていく施工方法はモンゴル軍にとっても初めての施工となり、最初は戸惑う場面も見られましたが、実習中盤より急速に施工要領を身につけ、最終的にモンゴル軍の手で監督・指示・安全管理を行い、重機の操作手も数センチの厚みを均していく施工方法を修得した。次いでモンゴル国軍工兵部隊より、昨年の受講者から、選抜さた7名の研修生(施工監督、測量手、重機運転工の各優秀者)とモンゴル国軍参謀本部事業責任者を招へい(28年2月)した。目的はアスファルト舗装の要領を習得させにあった。アスファルト舗装に関する基礎教育を受けた後、砂をアスファルトに見立てた舗装実習を行い、その後、陸上自衛官の指導の下、実際のアスファルトによる舗装実習に参加した。

3年目(28年度)は8月~9月の間、実習道路の測量から路盤の構築~アスファルト舗装実習を行った。アスファルト舗装実習では、施工監督/測量班/アスファルト・フィニッシャー班/手作業班の4班に分かれ、それぞれの役割分担と連携を見事に修得し、自衛官の指導の下、実習用道路を完成させた。実習道路の測量をほぼ自らの手で行い、昨年度は凍上抑制層から下層路盤、上層路盤までの構築に悪戦苦闘する姿も見られたが、今年は昨年度の半分の作業時間で上層路盤の再構築を終える等著しい成長を見せた。


1つ、普段通り目標レベルに到達させる親身の教育

陸上自衛隊(官)・施設学校にとって普段から目標をマスターさせるために教育に当たるものは使命感と情熱を傾注する、のが当たり前である。従って被教育者一人一人が分かるまで教官はトコトン付き合う。今回もそうであった。

それは当初意外の感じをもって受け止められたようであった。なぜならこの種教育などでは決められたことを決められた通り行えばそれで終わりの風潮が多分にあったようだ。しかし一歩も二歩も踏み込んだ教官側の指導で全員が揃って進度を挙げ、相互に刺激しあう良い環境が出来上がった。

2つ、言行一致の教育

最初、少なからず何をどのように教えるのか?という懐疑の念も正直あったようだが、その内目つきが変わった。

それは教官が口頭で説明している教育内容をそのままやって見せる技術の高さ・確かさ即ち言行一致の教育のせいであった。そこに感じ入った受講生の意欲の高まり教官側も情熱がさらに増し好循環が生じた。


3つ、自ら学び行う、を更に引きだし見守る教育

モンゴル軍の受講生は将来の道路構築の技術者であり、軍全般に広める中心的指導者である。学び行う意欲は高い。そこを更に(前項・前前項で)引き出し、H28における国防大学生の測量実習において殆ど自主性に任せ結果に責任を持たせた点、アスファルト舗装実習に於いて各班の見事な連携を口出しせずに引き出し完成させた点等に自発性を見守る中に日本・陸上自衛隊・施設学校ならではのきめ細かさを自発的に浸透させている姿を感じた。

以上
nice!(0) 

平成28年度日米共同方面隊指揮所演習(YS-71)を見学して思う [名リーダーを思う]

始めに
表記演習が平成28年11月28日~12月13日の予定で開始された。12月5日表記演習を陸上自衛隊健軍駐屯地において部外研修者グループの一員として見学した私はその充実振りに大きな感動を覚えた。

演習の参加人員日本側約5000名、米側約1600名で日米陸軍種に置ける最大規模の演習。統裁官は陸上幕僚長、演習担任官は西部方面総監、米側は統裁官太平洋陸軍司令官、演習担任官は第1軍団長。


制服同士の信頼感が真に同盟を揺るぎないものにしている

全体的には本演習が昭和56年から今年まで継続され、手探りで相互の違いを理解し、課題を共有する段階を経て今や実効性を高める域に到っていると感じた。加えて片や陸上幕僚監部・西部方面総監部、片や太平洋陸軍・第1軍団司令部を挙げて諸々の部隊や機関等が参加する双方の意気込みや一年を通して相互に準備をする緊密さ、高いレベルを追求する真剣さ及び統裁ゾーン、指揮所ゾーンで日米の関係者が諸所に行っている会議や談笑等から伝わってくる熱気等からお互いの信頼感や”トモダチ(東日本震災で発揮された)”感は高いレベルにあると感じた。そしてそのレベルの高さは陸上自衛隊が本演習を重視しており、制服同士の信頼感が同盟の根幹という誇りや自負に支えられているから・・・と感じた。

又ここまで双方が真摯に積み重ねてきた所以のものは”共同”というむずかしさを良く弁え、米軍の指揮に委ねるという安易な途を決して選ばない、”自分の国は自分で守り与えられた力の限りを尽くして国民の負託に応える”という強い決意とその尊重の姿勢であると感じた。

総監部の実際的指揮幕僚活動の追求

方面総監部が演習部隊に専念し当面作戦と将来作戦、昼と夜のシフト勤務を実際的に行う等の配慮が窺えた。着上陸侵攻から敵を撃破する間に生起するであろう問題等を作戦・後方の幅広い機能を結集し丁寧に拾い上げる実際的な国土戦、例えば統合任務部隊の編成・指揮、国民保護や文化財保護等を意識していると感じた。それらの実際性に立って真に高い練度を追求し、実効性の高い施策を創造する域に到ったと感じた。


本演習を重視する陸上自衛隊の姿勢

目前に迫った陸上自衛隊大改革にスムーズにこの演習を引き継ぎ、この演習を教育・研究・防衛力整備等にスパイラルに反映してゆくという姿勢もうかがえた。以上はこの演習を陸上自衛隊が如何に重視しているかの証左と感じた。

nice!(0) 
メッセージを送る