So-net無料ブログ作成

人生で棄てたものを拾い出して楽しむ贅沢をしなさい [名リーダーを思う]

始めに

 表記は平成29年6月都内某所で1時間の予定で行われた講演で最後の最後に私の耳に飛び込んできた言葉である。「男のストレス、女のストレス~元気になるための処方箋」と題し、講演者は海原(うみはら)純子先生であった。

1498220887100海原先生縮小.jpg

 講演に先立ち同先生のプロフィールに目を通した。それには東京慈恵会医科大学卒業。日本医科大学特任教授、医学博士、心療内科医、産業医。とあり、ハーバード大学客員研究員(2008年~2010年)。(3月まで)復興庁「心の健康サポート事業」の統括責任者として東北各地で活動する。被災地の調査論文で平成28年度日本ストレス学会学会賞を受賞。読売新聞「人生案内回答者」。毎日新聞日曜版「心のサプリ」連載執筆中。20年間、休止していた歌手活動を再開。とあった。
 くらしの場に軸足を置いた調査、診療、講演と心療内科に関わる活動の傍ら執筆家、歌手としてマルチに活動しておられる旨を承知したが歌手活動再開のところはプロではないだろう、上手な素人の趣味活動、と勝手に思い込んで講演開始を待った。

講演

 登壇した先生は小柄で頗る美人で、語尾がはっきりして聞き取りやすく、話が大変上手で分かりやすかった。天は二物も三物も与えるなと一瞬思ったが直ぐ話の虜になった。男のストレスは結果がすべての生き方に関わるものであり、女性のそれは良い人ぶる(悪く思われない)という過度の協調の生き方にかかわるものであると症例を基に分かりやすく説明され、すとんと私の腑に落ちた。話も終盤にかかり、自分は大丈夫とストレスに気づかない人が一番危ない。ストレスに自ら気づき、言葉や態度などを変えることで心を変える。次に・・・。表記の言葉と出会った、というわけ。

この言葉に心が震えた

 聞いた瞬間、びりびり、ときた。私は今明治35年1月に八甲田山雪中行軍を成功させた弘前連隊の福島大尉の本を出版すべく準備中である。去る4月の打ち合わせで出版社の責任ある地位の方から「15年間も追い続けて出版まで到ったものは何か、大変興味がある」と言われた。福島大尉に惹かれたからとしか言いようがなかったが、爾来ずっと私の心の隅でくすぶり続けていた。この言葉は、正確には棄てたというよりも現役時代にあきらめざるを得なかったものを思い出させた。それは古戦場に立ち優勝劣敗や主将の心根に思いを巡らすことである。大変興味があったが仕事上、余裕がない一杯一杯の日々が続いたので人生の回り道になると考えそこに立つこと自体をあきらめた。定年後に福島大尉と出会い次々に新しい魅力を発見する楽しさ、現役時代の仕事文とは一味違う書く楽しさ、古戦場等のゆかりの地に立ち思いを巡らす楽しさ等に相乗的にはまり続け果てがなかった。
 
この言葉は先生の体験が言わせた
 
 この言葉の後に以下のような話があった。
学生時代アルバイトで歌手をしていたが、医者の道を本格的に歩み始めた時にあきらめた。しかし、歌手への憧れは消えず、1999年からプロの歌手としてのコンサート活動を再開し、CDもだした。あくまで結果を求めない、プロセスを楽しむ、人生を楽しむものである。

 ここだけは心療内科医としての症例ではなく、自分の人生の体験に基づいた話であった。贅沢を楽しむ人生はストレスに負けない。それどころか人生を大いに豊かにする,と受け止めた。


終わりに

 先生の言葉から出版というプロセスの贅沢を楽しめる豊かな人生、後期高齢者生活を今送っているんだと気付いた。他の諸々に惑わされず、感謝のこころで本作りをして恩返しをしたいと改めて思った。それにしても何事もやるとなると、マルチに本気な人であった。素人ののど自慢だろう、を心から恥じた。講演終了後著書(その場でサイン)を求めたが大人気でアッという間に売り切れ、後日送って頂くことにした。コンサートをお詫びのしるしも込めて生で聴きたいと思った。 

関連ブログ:福島大尉の実行力を訪ねて(http://fukushimagizan.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る