So-net無料ブログ作成

第2施設群改編に思う [名リーダーを思う]

始めに

表記に関する編成完結行事が行われた。26日夕には群創立62周年記念祝賀会が改編祝賀会を兼ねて行われ、27日には改編完結式が群長大久保1佐の統裁で行われた。お招きを受けた私はこの改編をお祝いすると共に大きな寂しさを感じた。

今回の改編の主なところは365施設中隊及び366施設を廃止して401施設中隊を新編するというものであった。陸上自衛隊の創隊以来の大改革を推し進め南西防衛の実行性を高める一環であるという。

私は昭和42年4月飯塚駐屯地が開設した時に移駐してきた第2施設群108施設大隊第2中隊に3等陸尉任官とともに赴任し、1・3中隊で勤務し、1中隊長となり昭和48年7月大隊廃止に伴い新生第2施設群で320施設中隊長を務めた。新生というのは2こ大隊の群から3この施設中隊を基幹とする群に108施設大隊を母体にして生まれ変わったという意味である。従って大隊の3この(1から3)中隊は320から322施設中隊、365から367施設中隊へと繋がる母中隊である。

その後昭和63年7月から第18代第2施設群長となった。というわけでこの両中隊の廃止と401施設中隊の新編には格別の思いがある。このめでたい時に新生2施群発足当初の歩み(出発点)を踏まえたエールを贈りたい。

1つはパイオニアとしての誇りを持って欲しい

新生第2施設群発足時までは施設部隊は災害派遣や部外土木工事を行って国民に愛される自衛隊となるべくその先頭を走ってきた。
東日本大震災・原発事故での立入禁止3km圏内の捜索活動では空挺団に先駆けて同区域に入り進入路を整備した。国民の理解を劇的に深める大きな一助となった。やがて米ソ冷戦の終結とともに国際秩序は乱れ、安定した安全保障環境作りのための国際貢献が重きをなしたがそこでも施設部隊は先頭を走ってきた。今後どのような時代になっても施設部隊はパイオニアとしての役割が求められることは確かだと思う。

2つは貢献の心をもっともっと磨いて欲しい 

飯塚駐屯地開設のため第2施設群隷下の第108施設大隊は昭和31年の新編から昭和49年7月に幕を閉じるまでの18年間に103万立方mの部内工事を行った。その内飯塚駐屯地を作るための部内工事は36万立方m、ホーク訓練場は46万立方mであった。合計82万立方mで、実に80%が飯塚駐屯地及び高射のための工事であった。東日本大震災・原発事故での3km圏内の活動は危険を顧みず身を挺して責務を完遂する貢献・献身の極致であった。

施設は誰かのためにの部隊であり、真の勇気が常に試される部隊である。


3つは戦技を究めて欲しい

中国の台頭と共に南西防衛が大課題となった。今や施設部隊の拓いた道場で腕を磨いた高射(中SAM)や地対艦ミサイルは第1列島線に睨みを利かす決勝兵器である。これらを護り機能を発揮させる築城等はとても大事である。又離島奪回のための障害構成や揚陸支援もとても大事である。大きな問題はあるが是非クリアーして欲しい。

この際、現場の声がストレートに反映される陸上自衛隊・防衛省・日本国であって欲しいと切に願う。
 
終わりに

ここで東日本大震災・原発事故の3km圏内の2施群の活動に戻りたい。2施群の隊員はどんなに疲れていて気分が悪くても、腹が減っていて食べ辛くても、食事の時タイベックスを決して外さなかった。また瓦礫積載時、粉塵が舞う場所ではマスクは必ず着用した、という。以上は改編祝賀会で、当時367施設中隊の小隊長として現場を経験し、廃止される365施設中隊長を経て今回401施設中隊長となるH1尉から伺った話である。基本を守る真に精強な部隊であると感じた。

401施設中隊は365及び366施設中隊の心を受け継ぎ、400番台の頭号中隊として、そしてまた南西防衛の要として、新たな気持ちでスタートして欲しい。第2施設群全体としては大久保群長を核心として更に精強2施群を目指し頑張って欲しい。課題クリアーのため群挙げて厳しい訓練が必須であるが基本をしっかり行う精強な部隊であり続けて欲しい。
以上









nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る