So-net無料ブログ作成

陸上自衛隊飯塚駐屯地創立50周年記念行事第2部自衛隊市中パレードに思う [名リーダーを思う]

始めに

表記パレードが平成28年10月2日飯塚市昭和通りで行われた。開設した昭和41年に行って以来50年ぶりの市中パレードであった。「地域と共に半世紀」のスローガン通り、自衛隊と地域のコラボが生んだ”特別な10月2日”と映った。以下現地で見聞きして感じた事を述べたい。聞き間違い等あればご容赦願いたい。


パレード風景

飯塚橋南~吉原町交差点の間の昭和通りで1030~1100の間行われた。飯塚駐屯地所在部隊が参加し観閲官は第2高射特科団長かねて飯塚駐屯地司令佐藤真陸将補(以下佐藤司令)。

今や南西防衛の要である世界有数の性能を持つ「中距離地対空誘導弾」やPKO活動の主要な一翼を担った「ケニア早期展開支援教官団」などここでしか見られない装備・人【部隊】並びに部隊・隊員の一糸乱れぬ威容に感嘆・激励・感謝の言葉が飛んだ。

IMG_2760中SAM縮小.JPG

IMG_2755ケニア縮小.JPG


地域と共に、の開催

この市中パレードは飯塚自衛隊協力会,飯塚商工会議所、飯塚市商店街連合会と飯塚駐屯地の共催、飯塚市後援で行われた。協力諸団体から50年前と同じ市中パレードを記念に、との声があがり、関係者の心は「有難う 私たちは『飯塚大水害』のご支援を忘れません』の言葉で一つにより強く纏まった、という。

IMG_2743横断幕縮小.JPG


折衝

前司令の方針を引き継ぎ、この要望を受け、着任後間もなかった佐藤司令は実施の方向での折衝開始を決断する。先行き不明、残された時間は少なかったが全員が実現への篤い思いを持って取り組んだ。幕僚は市役所・警察へ何度も足を運び数次の調整会議を行って障害をひとつずつクリアした。平素培った有機的指揮幕僚活動の賜物であった。

商店街の活性化につなげたい

商店街連合会は百縁市を毎月、日を定めて行い、自衛隊は星指前司令以来2ケ月に1度装備器材展示等の支援を行っていた。この場が自衛隊との意見交換の場に発展し、アイデアを産み、市役所・関係協力団体等も加わって、成案にまで、短期間に仕上がった。その原動力は自衛隊への感謝と商店街活性化への篤い思いであった。

商店街イベント(事業)は市の補助を受け、本町東地区整備事業街びらき「子供向けイベント第1段」として行うことが決まった。その中に「陸上自衛隊飯塚駐屯地50周年記念パレード」1030~(昭和通り)、と「自衛隊駐屯地カレー博」1130~1500(東町商店街)の二つがある。

img124.jpg

註:このパンフレットは商店街某商店のパンフレット棚で偶然目にしたものである。


「自衛隊駐屯地カレー博

商店街主宰の熊本地震チャリテーバザーで寄付(200円)した人にはカレーの引換券を配る。そのカレーは「ボタ山カレー」(飯塚駐)、南蛮カレー(えびの駐)、スペシャルカレー(熊本病院)、水陸カレー(相浦駐)の4種。4つのコーナー毎に食べたい人がならび、仕切りの奥には炊事車が並び自衛隊員が調理と配食を担当。パレード終了後には5,6oo人ぐらい並び、大盛会。準備した800食を完全提供。

IMG_2783カレー博縮小.JPG

裏方さんに感動

その他にも感動したことがある。
①カレー博では各駐屯地から栄養士さんが来て味付け等の調理指導を調理手さんに行っていた。来場者に本物の味を提供するという篤い心、とお聞きした。
②観閲台を隊員は規制開始後にぶっつけ本番の30分間で構築した。その練度に流石!施設群と思った。
③市中パレードの実施本部や交通統制・警備等は自衛隊・警察・市役所・商工会・商店街・ガードマンの方が各々その任を果たしておられらた。吉原町交差点で準備に当たっておられたガードマンの一人にお聞きしたところ(自衛隊のパレードは)「市のお祭り」だからと胸を張って話された。その心意気が嬉しかった。
④終了後手分けしてごみ拾い・後片付けを行う勤務員がおられた。”道場”は元通りきれいにする、という浄心に敬服。

終わりに

佐藤司令始め自衛隊の関係者は地元への愛着と感謝の言葉を口にしておられた。その思いはいかなる任務を与えられても即応し国民の安全と安心を護る最後のとりで、という崇高な使命感を支えている。加えてこの歴史的記念日の目撃者となれたことに感謝の思いで一杯である。”特別な10月2日”が「絆でつなぐ未来」の大きな第1歩となるよう期待したい。
nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る