So-net無料ブログ作成

ゾーッ熱中症だった! [マイファーム雑感]

他人事と思っていた熱中症に罹っていた
梅雨が明けてからは、朝8時ともなると30度を越し耐えられない暑さである。最近は取っても取っても取り切れない雑草との戦いである。日が昇ってからでは仕事にならない。年甲斐もなく朝には物凄く弱い私だが仕方なく生活スタイルを変え朝5時に起こしてもらい寝ぼけ眼で5時半前には畑にでる。今思うとその夜は寝苦しくて眠りが浅かった。

水やりや西瓜等を採りへちま水を採取して草取り開始、直ぐ陽が昇る。あれもしなければこれもしなければ、となかなかくぎりがつかない。気が付くと炎天下既に9時を回っている。額に汗が流れやっと暑いんだと気づく始末。

熱中症がこわいので切り上げて、そこで初めて女房特性のスペシャルドリンク(梅酢とバーモンド酢と湯冷まし水と氷)を一気に飲んで、家へ。西瓜や採取したへちま水を積めたリュックを背負い今までの習性で遠回りして帰る。重い、遠いが身体を鍛えるためだ、と体にしみ込んだ信念?で。


その日(26日のこと、このスタイルでの畑作業の5日目、疲れもたまっていたが今しておかなければの義務感が勝っていた)、帰り着いて普段は水浴びして昼寝に入るのだがその日はそれもせず仕事にかかった。クーラーは使わずに窓を開け放した。暑かったが時々吹き抜ける風が心地よかった。手指が矢鱈とつって元に戻らない。眠くてボーッとしている感じ。でも仕事は捌けたので気にもしなかった。しかし大きなミスをしていた。一生懸命集中した正面以外のところで注意散漫となってミスを犯し尚且つその誤りをおかしいと思う判断力が低下していた。指摘されて気が付いた。何故そうなったかが分からなかった。


熱中症の気づき

次の日の夜某民放で老人が如何に熱中症に掛かり易いかの番組を流していた。これを見て初めて自分が熱中症に罹っており事なきを得たんだと気づいた。


疲労の累積と睡眠不足に加えて炎天下の作業、(小まめな)水分や塩分補給の不十分などが原因であった。高齢にも係らず体力や代謝力’(の低下など)への過信と頑張りすぎも大きな原因であった。

自覚症状がないことも恐ろしい事だと気づいた。若し炎天下に畑で倒れたら思い半ばの人生になる。最後が大迷惑で終わる。不十分ではあったが熱中症への対策を一応していたので事なきを得た、で済んだ。

クーラーや昼寝など快適な環境で疲労の早期回復や快適な睡眠に努めることも大事である。

福島大尉が兵を護り兵に役立ち、兵を休ませる事に本気だったと述べた(『これからの福島泰蔵大尉旅に向けて《補作》 十五、旅の到達点』参照)。休養がいかに大事かを福島大尉に学んだはずなのに自分の身に置き換えてないと反省した。


以上


nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る